新宿で聞いた、全身脱毛に使うダイオードレーザーとは?

新宿のクリニックでどの程度導入されているかは不明ですが、ダイオードレーザーは現状において最先端の医療脱毛機器です。

すぐれた特性があり全身脱毛に適しています。

どのようなものか概略をお話しします。

■米国FDAが認可した最先端脱毛器。

ダイオードレーザー脱毛とは最先端の医療用脱毛マシンといわれ、米国厚生省食品医療局、FDA(Food and Drug Administration)でも、永久脱毛の効果が認められている機械です。

米国では日本の厚生労働省が行うような検査・認可をこの巨大組織が取り仕切っており、医療から玩具まで有効性や安全性においてかなり幅広い分野で許認可の権限をもっています。

■痛みが少なく脱毛効果が高いマシン。

部分脱毛・全身脱毛に用いられてきた機械には、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーがありますが、この3種の中では、脱毛の高さや痛みの軽減度合いにおいて他の2機種よりもかなりハイレベルです。

その理由は、レーザーの精度と照射力にあります。

ダイオードのレーザーは毛母細胞にダイレクトに届いて効率よく細胞を根絶していくため、レーザーが最初に通過するはずの肌にはダメージを与えず、痛みも生じさせません。

肌を通過してしまうのがダイオードレーザー最大の特徴です。

毛母細胞と同時に毛根などの組織も破壊するので、照射後は再び毛が生えるといったことはありません。

■新宿ではなかなか見つからないことも。

新宿界隈でダイオードレーザーを導入しているクリニックは50%程度。

あらかじめ確認が必要です。

新宿以外のエリアもピックアップしておきましょう。

このダイオードレーザーはかなりの高額ですから、新宿でも導入しているクリニックは全体の40%-50%ほどだと思います。

あらかじめダイオードで施術可能かどうかを確認し、無理なようであれば新宿以外のエリアも選択肢に入れましょう。

Comments are closed.