Archive for admin01

新宿で聞いた、全身脱毛に使うダイオードレーザーとは?

新宿のクリニックでどの程度導入されているかは不明ですが、ダイオードレーザーは現状において最先端の医療脱毛機器です。

すぐれた特性があり全身脱毛に適しています。

どのようなものか概略をお話しします。

■米国FDAが認可した最先端脱毛器。

ダイオードレーザー脱毛とは最先端の医療用脱毛マシンといわれ、米国厚生省食品医療局、FDA(Food and Drug Administration)でも、永久脱毛の効果が認められている機械です。

米国では日本の厚生労働省が行うような検査・認可をこの巨大組織が取り仕切っており、医療から玩具まで有効性や安全性においてかなり幅広い分野で許認可の権限をもっています。

■痛みが少なく脱毛効果が高いマシン。

部分脱毛・全身脱毛に用いられてきた機械には、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーがありますが、この3種の中では、脱毛の高さや痛みの軽減度合いにおいて他の2機種よりもかなりハイレベルです。

その理由は、レーザーの精度と照射力にあります。

ダイオードのレーザーは毛母細胞にダイレクトに届いて効率よく細胞を根絶していくため、レーザーが最初に通過するはずの肌にはダメージを与えず、痛みも生じさせません。

肌を通過してしまうのがダイオードレーザー最大の特徴です。

毛母細胞と同時に毛根などの組織も破壊するので、照射後は再び毛が生えるといったことはありません。

■新宿ではなかなか見つからないことも。

新宿界隈でダイオードレーザーを導入しているクリニックは50%程度。

あらかじめ確認が必要です。

新宿以外のエリアもピックアップしておきましょう。

このダイオードレーザーはかなりの高額ですから、新宿でも導入しているクリニックは全体の40%-50%ほどだと思います。

あらかじめダイオードで施術可能かどうかを確認し、無理なようであれば新宿以外のエリアも選択肢に入れましょう。

新宿での全身脱毛の金額は、何を基準にして決めているのでしょうか。

新宿で全身脱毛という人は、だいたい“新宿が便利だから”という理由で選んでいます。

価格重視の人は“安いから”という理由で選んでいます。

しかしそこには肝心な選択要素が抜けています。

安全性や有効性です。

全身脱毛は金額で決める前にその点を考え直してみましょう。

■10万円程度になるのは普通と考えるべき。

たとえば新宿の全身脱毛サロンで月額3800円とか4800円で、半年の全身脱毛コースがあったと仮定すると年間3万円程度で全身脱毛ができることになります。

しかしそれにはトリックがあって、実際にはそのような金額で終わりません。

全身脱毛ではなく部位別の料金表をベースに総額を出してみましょう。

だいたい10万円見当にはなると思います。

サロンの全身脱毛でも医療機関の場合でも、メニューに対する解釈にルールはありませんので「全身脱毛=提示の金額」と早合点しないことです。

■「近くて便利で安い」という脱毛が仇になる。

全身脱毛や部分脱毛を軽く見る人が増えていますが、脱毛はそんなに軽い行為ではありません。

私が新宿に勤務していたころ、ちょうど近場の新宿南口に全身脱毛のサロンがあるというので熱心に通っていた同僚が、皮膚と粘膜部位に炎症を起こして、オシッコをするのも辛いという症状に見舞われてしまいました。

サロンは医者ではないので、こういうケースでのケアが十分ではありません。

結果、彼女は医療機関の皮膚科に夏場から秋にかけて通い詰め、ビキニどころではない1年を過ごしました。

●関連記事=>大手脱毛サロンの酷すぎる実態 施術レベルの問題や契約トラブルも – ライブドアニュース

■安い全身脱毛は薄利多売と同じ。

金額の高低ではなく、医師免許のあるところ、医療系の全身脱毛がおすすめです。

全身脱毛はすね毛やワキなどと違ってVIOラインという粘膜部位を含む脱毛です。

新宿であれ、渋谷であれ、価格で比較をして決めてしまうのは非常に危険です。

安い全身脱毛は薄利多売と同じなので、施術がいい加減になる可能性もあります。

間違いのない、医師免許のあるところ、医療系の全身脱毛がおすすめです。

新宿でも全身脱毛の金額はマチマチですが?基準がわかりません。

新宿でも、毎年夏前には全身脱毛合戦がヒートアップします。

期間限定の特別価格など、消費者をあおるような宣伝も激化しますが、選び方には注意しましょう。

■期間限定ではなくチケット制のサロン。

新宿三丁目、あるいは新宿西口、新宿東口など、実際に界隈を歩いてみるとかなりの美容系サロンがあり、その大半のサロンが全身脱毛を掲げています。

春が過ぎて夏場に入るころから全身脱毛は繁忙期に入りますから、施術料金はどこでも顧客の争奪戦となり、バラバラ感に拍車がかかります。

多くのサロンが月額制のような料金体系を掲げていますが、理想的な全身脱毛のやり方は1年をかけてもOKなチケット制のサロンがいいと考えています。

■1ヵ月ではすべての脱毛は終わらない。

そもそも全身脱毛はVIOラインを含むカラダのすべてですから、1ヵ月ですべての脱毛プランが終了することはあり得ません。

最低でも6か月はかかります。

夏のビキニシーズンを照準を合わせるなら、春先から全身脱毛に入って、繁忙期になる6月終わりまでには全身脱毛を完了させましょう。

チケット制のサロンは新宿にもあります。

本来全身脱毛を含む脱毛は毛根に影響を与える医療行為の為、じっくり本人の肌質を診断しながら行うもので、夏ありきでバタバタ始末できるものではありません。

■注意して場所を選ぶべき。

VIOラインなどの粘膜部位は、炎症を起こしてしまうと軽度ではすみません。

安全という意味では女医さんのいる医療機関をおすすめします。

全身脱毛のサロンを選ぶのにネットのランキングを参考にするのは構いませんが、そのレベルに留めましょう。

確実なのは人の紹介です。

全身脱毛を安易に考えている人がいますが、トラブルも頻発しています。

新宿のクリニックも選択肢に入れましょう。